世界のリーダーが実践している集中のための仕事のルール

世界のリーダーが実践している集中のための仕事のルール

優れた世界のリーダーたちは、高い集中力を発揮し、普通の人よりも高いパフォーマンスをあげています。

世界の経営者たちはどのように自分の集中力を管理しているのでしょうか?

この記事ではアメリカの経済誌Forbesに掲載された「How To Focus Like George Lucas」の記事を参考に、世界のリーダーが実践している集中法について見ていきます1)Forbes “https://www.forbes.com/sites/rhettpower/2020/05/03/how-to-focus-like-george-lucas/#55118b34510b” May 3, 2020

世界のリーダーの集中法

ここではFORBES誌に取り上げられた世界のリーダーの仕事の習慣を参考に、仕事への集中法を見ていきます。

ルーティーンを設定する

ルーティーンのイメージ
hyperDart社のCEO、Vikas Sehgal氏は「集中に最も重要な要素はルーティーンだ」と語っています。

1日の時間を以下の3つに分類しているようです。

  1. 交流時間(ミーティング・ディスカッションの時間)
  2. 取引時間(メール対応など)
  3. 思考・創造時間

彼は毎日同じルーティーンを設定するとともに、思考が必要な思考・創造時間を早朝に持ってくることで、阻害の影響を最小化しています。

完全に一人の時間を作る

一人の時間のイメージ
JETFUEL.agency社のEdwin Choi氏は、社内の人との関わりやアプリやメールの通知などから一切解放された時間をつくることを推奨しています。

また「The Big Three」と呼ばれるテクニックも推奨しています。

これは1日のはじめに最も優先度が高いタスクを3つに絞るテクニックです。

このテクニックは、他の人も推奨しており効果のあるテクニックと言えそうです。

電子機器の通知をオフにする

通知オフのイメージ
FlogSlayer社のCEO、Ross Morelはスマートフォンやパソコンなど電子機器の通知を完全にオフにしているそうです。

電話が常にサイレント状態になっていることで集中状態を作り出せるそうです。

逆にExpected Xの創業者John Sukup氏は、カレンダーの通知を活用することで、集中のスイッチの切り替えを行なっています。

完全にオフにするのは難しいという人にも活用の仕方は様々ありそうです。

紙に書き出す

紙に書き出すイメージ
BELFOR property restorationのCEO、Sheldon Yellen氏は「紙に書き出す」ことの重要性を語っています。

目標や夢を紙に書き出し、外出するときにもそれらを書き込んだ紙を携帯することで目標達成のモチベーションを維持し続けています。

スイッチを用意する

スイッチのイメージ
Launch Potato社のCEO、Greg Van Horn氏は機内のルーティーンを日常にも援用することで集中力のスイッチにしています。

具体的には、飛行機の時間に機内モードでspotifyの決まったプレイリストを流しながら作業することを、日常でも行なっています。

まとめ

この記事では、世界の経営者が行なっている集中法を紹介しました。

詳しくは原文の記事も参考にしてみてください。

集中力を身につけるためのステップについては以下の記事にまとめているのでこちらもご覧ください。

References   [ + ]

1. Forbes “https://www.forbes.com/sites/rhettpower/2020/05/03/how-to-focus-like-george-lucas/#55118b34510b” May 3, 2020

集中法カテゴリの最新記事